相談する職員とパソコン

施設の担当者が介護ソフトの導入を検討する場合の基礎知識

笑顔の男性

有料老人ホームやデイサービス関連の施設では、恒常的に介護スタッフなどの人材が不足しています。更に事務作業の量が多いことも人手不足に拍車をかけており、介護ソフトの導入で問題を解決したいと考える施設の担当者も多いです。施設の運営責任者が介護ソフトを選ぶ場合には、コストに加えてスタッフの使いやすさも考えるのがポイントです。そのためには施設のタイプに合わせて最適な介護ソフトを選ぶことが重要であり、サービスを提供している業者と相談するのが理想的です。様々な施設向けにソフトを提供している業者であれば、施設の形態や規模に合わせて最も良い導入プランを示してくれます。また導入前にデモ体験を行うと、スタッフがソフトの機能に関する理解を深めることもできます。特に介護老人保健施設では常に空きを待っている高齢者がいるので、入所予定者の管理が非常に煩雑になるという問題があります。しかし稼働状況を一目で把握できるソフトを活用すると、効率的に施設を運営したうえで、新しい入所者を迎え入れることができます。更に入所者一人一人を適切にサポートすることも重要であり、介護ソフトのリハビリの進捗状況や栄養ケアに関する機能が役立ちます。

介護ソフトを導入してより効率的な支援提供を

介護職員は日々膨大な記録作成業務に追われています。利用者の対応中には落ち着いて記録をする時間が取りにくいため、業務終了後に残業し記録を作成することを繰り返していると、最新の情報が事務所で把握できず、担当者に確認するしかないなど、職員同士での利用者の情報共有が難しくなる場合もあるかもしれません。このような状況を改善し、より効率的に支援を行うためには、介護ソフトの導入を強くお勧めします。介護ソフトは請求の作成機能に加え、日常の記録の作成をパソコン等の端末から効率よく行えるようになっています。そのため、業務中に記録の作成を並行して進めることができます。また、複数の端末で最新の情報を確認できるので、利用者の担当者でなくても必要な場合には情報を確認することができます。担当者が不在の際に突然関係機関から問い合わせを受けた際、簡単に情報を検索でき、対応に困らないというメリットがあります。また、持ち運べる端末であれば、外出先であってもソフトを立ち上げて情報の編集・確認ができるので、外勤が多い介護支援専門員の方であれば、サービス担当者会議や病院への同行の際にもスムーズに情報提供ができます。この機会にぜひ介護ソフトを導入し、効率的な支援提供を行いましょう。

介護ソフトを利用して大量の情報を電子化しよう

近年、高齢化社会の進行に伴い、介護施設の需要が増えつつあります。それによって起こる問題の1つに、入居者の数が増えすぎて施設管理者にとって管理が大変だと言うことがあります。入居者に関する大量の資料をいちいち紙媒体で保管していては、かさばりますし必要な時に探し出すのに苦労します。
そんな問題を解決するのが、介護ソフト(介護施設用の管理ソフト)です。介護ソフトの導入によって、入居者の情報やお金に関するデータなどを全て電子媒体にすることができ、特定の入居者の情報が必要な時にもタブレットやパソコンなどからすぐに検索で探し出すことが可能です。また、紙媒体で保管するのにありがちな、情報の欠落や紛失の防止にも効果的です。さらに、情報共有がリアルタイムで行えるというメリットもあります。これにより、業務時間の短縮などにもつながります。
それに、紙媒体で入居者情報を管理する上で意外と気になるのが、紙代やコピー代です。介護ソフトを導入すれば、こういった印刷費等の諸経費も節約することができます。
高齢化社会で入居者が増えつつある今、増加していく情報を、介護ソフトを用いてコンパクトに管理していくことを検討してみてはいかがでしょうか。

このようにコンパクトな管理ができる介護ソフトでおすすめとなるのが【ケア樹】です。このクラウド型介護ソフトなら、操作が覚えやすく、画面も見やすいので、とても使いやすいです。

サービス品質改善につながる業務効率化ができる介護ソフト

業務効率化と一口に言っても、仕事の内容にマッチする方法で適切な内容の効率化を進めなければ、単に利用者に不便を強いるだけになる可能性さえあります。例えば、介護施設において、入居者ケアを極端に効率化した場合、サービスを受ける側からは多くの不満が出るでしょう。…

MORE


TOP

Copyright © 2020 業務の効率化を進めるために介護ソフトの導入を検討しよう All Rights Reserved.